-お気に入りボルダリング・クライミングブログ更新情報- Powered By 画RSS
pants1.jpg
2014年04月16日

外岩断念 あのワクワクをかえせ!


スキー場もしまったので、さっそく外岩行こうとワクワクしながら山を登って行ったら後少しという所で雪に阻まれました。

大きい車なら行けそうだったんですが、うちの愛車Fit君でこの悪路は無理と判断して引き返し結局クライミングジムへ。

image-20140415午後105051.png

やっぱりカナダでがっつりアウトドアを楽しむには4駆が必要ですね。

でも今の車、あと5年は乗らないと、、、

下のバナーをクリックしてくれるとこのブログの順位が上がります。
記事が役に立ったよって方、是非1クリックお願いします(^人^)
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへクライミングランキング


人気のクライミングパンツ



2014年03月04日

パキッて5ケ月弱 パキる前と同じグレードの課題が登れるようになる


前回の記事で完治宣言をだしてから一気に楽しくなって、週に3回も登りに行ってしましました(#^^#)。

といってもガッツリ登るのは1日だけで、あとの2回はちょこっと1時間登る程度にしてます。
それでも週に2回以上登るとガンガン登れるようになりますね。
前回登れなかった課題が次に行った日には登れる快感がたまりません。

もっと仕事を減らして、このまま週2から3日通い続けたいところです。

もうパキる前と同じグレードの課題を登れるようになったと思います。
前回パキッて5ヶ月と書きましたが、10月7日にパキッたのでまだ5ヶ月弱ですね。

やっと元通りになりました、長い間V4(2級〜3級)から前に進んでないので、これからガンガン登ってグレードアップしたいところです。
この夏は外岩でV5を落すのを目標に頑張ります!
2014年03月03日

慢性的な指の痛みを治す為のステップ3


まず慢性的な痛みが出るようになった要因から


1年半前に自分のビジネスを立ち上げるのに忙しくなり1ヶ月間ボルダリングが出来ませんでした。
1ヶ月して復帰したわけですが、おそらく指の力が落ちている状態なのに依然と同じように登ろうと急に指を酷使した事がきっかけだと思います。

この頃は、ようやく週に1度クライミングジムにいけるというか体は疲れてるけど仕事後に無理して通ってたという状態で、行くだけで精一杯で登ったあとのアイシングなどをする心の余裕がありませんでした。痛みが慢性化した一番の原因はこれでしょうね。

パキッたりした場合と違い、いきなり痛みがでたわけではなく最初は「左手の薬指が曲がりにくいな〜」という程度でした。

週1で通っていくうちに、薬指はドンドン曲がりにくくなり、そのうち中指まで曲りにくくなってきました。
それとともに指の第二関節に鈍い痛みを感じるようになります。
テーピングをして登っていればそのうち良くなるかと思ったんですが、一向に良くなりません。

そのまま1年間、左手の薬指と中指に慢性的な痛みがありました。
後半は痛くて力がはいらない感じがして登るのにも影響がでていました。

指のケアを始めたきっかけ


そんな中、右手の薬指をパキり登るをしばらく休むことに。
左手の指もこれで休まるし、左手の指はパキッたわけではないから次に登り始める頃には治ってるだろうとたかをくくっていたんですが、一ケ月半休んでも登った途端にまたすぐに痛みがぶり返してきました。
「これはいかん」とようやく気づき、指のケアを始めたわけです。

何を始めたか


ステップ1 アイシング


とりあえず登ったあとのアイシングを再開しました。
といっても氷でガンガンに冷やした水でアイシングしなきゃと考えると嫌になるので、気持ち良いと感じる程度の冷ための水に指から肘までを3分ぐらいつけるのを2回から3回繰り返しただけです。

自分はとても心の弱い人間なので、嫌な事は続きません(特に冬のアイシングなんて嫌いです)、でも気持ちが良いと感じる程度の冷たさのものなら続けることが出来るだろうと思ったんです。

ステップ2 指のマッサージ


痛みのある指全体を軽くさするようにマッサージをするようにしました。
暇があったら常にやるくらいの方が良いとは思うんですが、ぐうたらな性格なのでそこまではできませんでした(^^;。
でも気づいた時にやる程度でしたが、さすると痛みが減るのでそれなりにはマッサージを続けていました。

指のマッサージ器具も売っているので、使うと楽ちんかもしれません。(自分も買ったんですが、まだ日本から送ってもらっていません。もう1年以上放置してしまった、、、)
満天社 ユビラックス ゲルマ
満天社 ユビラックス ゲルマ
満天社
売り上げランキング : 238511


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ステップ3 拮抗筋を鍛える


指の伸ばす側の筋肉を鍛える事は、指の故障予防にとても大事なんですがつい忘れてやらなくなったりしちゃうんですよね。(グリップセイバーの場合、ゴムが切れちゃったりしてね(^^;)
まあでも背に腹はかえらせません、もう一度グリップセイバーを買い直し始めることにしました。
これも週に2、3回気づいた時にやる程度でしたが、やらないよりは良いだろうという感じで続けてました。

グリップセイバーを使わなくても、拮抗筋を鍛える方法はいくつか紹介しましたが、このボールを目につく所に置いておくと「やらなきゃ」と動機付けになります。

Metolius(メトリウス) グリップセイバープラス [レギュラー] ME14060
Metolius(メトリウス) グリップセイバープラス [レギュラー] ME14060
Metolius(メトリウス)
売り上げランキング : 2134


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


効果のほどは


やりはじめて3ヶ月くらいで少し指が曲がりやすくなったような気がしてきました。
本当にゆっくりゆっくりと気づかないぐらいゆっくり良くなっていく感じです。

今、5ケ月経ったんですが、今までは登った後は指がすごく曲がりにくくて、腫れぼったくなり痛みが強かったんですが、今はその症状がかなり軽くなりました。
登る時もテーピングなしで、痛みで登りに支障がでるようなことはありません。

当たり前のことをちゃんとやる


この3つは当たり前の指のケアで知識としては知っていたんですが、改めてちゃんと継続してやっていかないといけない物だと実感しました。
一度、痛みが慢性化しても地道にケアを続けていけば、時間はかかるけど治るものなんですね。

あんまりしっかりやらなきゃと思うと面倒くさくなるので、自分にあった方法で気楽に続けていこうと思います。

パキッた指も治ったし、左手の慢性的な痛みも良くなってきたし調子が上がってきました。
これからガンガン登るぞ!

このブログが「役にたったよ!」って思ったら、いいねしてねd(^^♪


参加してくれた方が記事を投稿出来る設定にしてあります。ディスカッションはもちろん、写真や動画も気軽に投稿してくださいね。